上から両替店

業種別のアドバイス - あなたはどの業種?

オンラインショップを運営しているサイト

全国への配送が可能であれば「財布 通販」「漢方 通販」のように全国のどこのユーザーへも訴求できる対策ワードが有効です。

ラーメン屋の店長
「ラーメン 渋谷」「渋谷 ラーメン」のようにターゲットを絞ったほうが高いコンバージョンが見込めます。

薬剤師の求人サイトの運営者

Yahoo!JAPANでは「薬剤師」というキーワードはロックされているために対策ができません。GoogleでのPRは対応できます。

新卒採用に力を入れている企業

たとえば飲食業界であれば「飲食 求人」のようなキーワードでのPRも可能ですが、会社名を入力したときのサジェストを「ポジティブワード」で埋め尽くすことも可能です。

「株式会社〇〇 やりがい」「株式会社〇〇 アットホーム」のようなワードで、入社希望者が会社名で検索したときにいい印象を持ちます。

クリニック経営者

クリニックは評判・口コミが生命線です。悪い評判が一度立ってしまうと、客足が遠のく原因となります。サジェストに「評判」「口コミ」というワードが出てしまっていたら、自然なワードで埋め尽くすことも可能です。
 

「〇〇クリニック 営業時間」「〇〇クリニック 予約」「〇〇クリニック 定休日」などが出ていれば、「評判」「口コミ」などのワードが上がりにくくなります。

ナイトワーク

ナイトワーク(キャバクラ・ホストクラブ)や風俗関係はYahoo!JAPAN、Googleともに規制が強いです。
 

PRする場合は「新橋 きゃば」のような「キャバクラ」という単語を使わないような対策ワードであれば対策可能です。また、スタッフ募集の場合は「男性 求人」「男性 高時給」のようなワードでもいいかもしれません。

求人サイト

「求人」「高収入」のようなワードは規制されている傾向があります。
 

「運送業 求人」「タクシー 求人」のような「業種 + 求人」で表示することも効果的ですが、地域性がある場合は「運送業 千葉」「タクシー 横浜」のように、ターゲットを絞ってもいいかもしれません。

居酒屋

居酒屋は競合が強い傾向があり、サジェスト業者が出しているようなワードが目につきやすいです。他のお店が出ている対策ワードですと、ユーザーのクリックが分散しますので、自然なワードのみが表示されているような対策ワードが穴場です。

▼ 目次